ホーム > ラブサーチ記事 > 出会い系攻略 > 出会いたいならストライクゾーンを広げよう

出会いたいならストライクゾーンを広げよう

出会い系では高望みしないこと

優良出会い系のハズなのに、中々出会えないと言っている人は、もしかしたら相手に対する理想が高すぎるのではないでしょうか。いくら優良出会い系サイトと言っても、素人の女性登録者が多いだけで、決して容姿のレベルが高い美人や可愛い子ばかりが集まっているとは限りません。写メやプリを交換してみて、想像と違っていたとか、もう少し可愛い子にしようと言って、他の子に当たっているようでは実際に出会うことなんてできません。

出会い系サイトに恋愛や婚活を求めるのであれば、ある程度理想にこだわっても良いかもしれませんが、単にエッチしたいとか、遊びたいという程度の目的であれば、そうとう苦手なタイプ以外は許容範囲としてどんどん会っていくべきだと思います。美人や本当に可愛い子は、自分の価値を理解しているので、出会い系サイトに登録していたとしても、自分が本当に気に入った相手としか会わない可能性が高いです。その場合、相当なイケメンや金持ちでないとエッチまでこぎ着くことはできないでしょう。

仮に、出会い系サイトに登録している女の子を、ABCでランクをつけるとします。Aがかなり美人、Bが普通、Cがイマイチの女性です。私が、これまでに様々な出会い系サイトで出会ってきた経験から想像すると、Aの美人は女性全体の10%未満、Cが30%、Bが60%位の感覚でいると思います。自分がイマイチと判断した相手とはエッチしないとしても、Bの普通程度の相手を許容範囲に入れると、かなりの割合でエッチできる相手が見つかります。もちろんAの女性もエッチできる女性として考えるので、全体としては出会い系サイトに登録している70%の女性をエッチする対象として見ることができます。

そう考えると、競争率の高くない相手にどんどんアタックすることで、エッチするだけの相手であれば、大勢ゲットすることができます。いろんな女性とエッチすること、いろんな女性に囲まれること、いろんなことを経験することで、そのことがオーラになってモテ男に変身することができると言えます。その時に思う存分、理想の美人や可愛い子たちとエッチできれば良いのではないでしょうか。

因みに、ラブサーチはまじめなサイトなので、エッチ目的では使い辛いです。エッチするために出会い系サイトを使うなら、当サイトのラブサーチ出会いランキングのページから、気になるサイトを探してみると良いでしょう。