ホーム > ラブサーチ記事 > 出会い系攻略 > 好感度アップの写メの撮り方

好感度アップの写メの撮り方

写メの撮り方で出会える率がアップ

ラブサーチに入会し、プロフィールをいかに上手に書くことが出来たとしても、そこに自分の写真や写メが掲載されていなければ、まだまだ準備が完全とは言えません。逆に言うと、プロフィールが周りよりも多少劣っていても、掲載した写真や写メの好感度が良ければ、それだけで万事OKと言っても良いでしょう。

ラブサーチに限らず、出会い系サイトは基本的にはメール交換で互いがどんな人間かを知っていくことになります。段々と仲良くなっていく途中で、写メも交換していくのが普通です。しかし、出会い系サイトでは第一印象で、相手とメールができるかできないかが決まるため、一番最初に印象の良い写真を相手に見せることができるかどうかが、出会いを勝ち取るためには大変重要な意味を持ちます。

さて、ラブサーチでお気に入りの相手とメールを始めるためには、どのような写真を掲載すれば良いのでしょうか。そのことをズバリ言うと、相手が女性なら、できるかぎり好青年であるか紳士であるような写真を掲載しましょう。外見に自信がないという人も多いでしょうが、ここは決してイケメンである必要はありません。どれだけ写真から優しさがにじみだせるか、誠実さを表現できるかにかかっています。

適当に、携帯カメラで撮影して「こんなもんかな」的な写真よりも、もっと自分を良く見せることができる角度や表情を追求しましょう。そして背景の暗い写真はNGなので、日中の自然光があたるシーンで撮影するか、室内なら光源の真下や、カメラのライトやストロボを必ず使うようにします。手持ちでの自分撮りであれば、カメラのズームの程度にも注意しましょう。カメラのレンズには歪みがあるので、どの焦点域で撮影するか、また、顔をフレームの真ん中に持っていくのか、端に持っていくのかによっても写りが変わってきます。一般的には、フレームの端になるほど歪みが発生するので、顔はなるべくレンズの中心で撮影した方が良いでしょう。

いずれにせよ、自分がもっともよく写る方法は知っておいた方が良いです。疲れ顔も良い印象を相手に与えないので、入浴後のリフレッシュした後や、起床時のように一日でもっとも元気な時に撮影しておくと良いかもしれません。

ラブサーチは大勢の会員が登録しており、他社の出会い系サイトに比べて出会いの可能性は多いと思いますが、より出会いの幅を広げるために、好印象の写メは必ず用意しましょう。もしも、最初からプロフィールに写メを掲載するに抵抗があるという人は、ペットの写真や、自分で撮影した風景写真、日常のスナップ写真などを掲載し、少しでも相手に自己アピールすることが大切です。