ホーム > ラブサーチ記事 > 出会い系攻略 > 年齢詐欺は出会い系の常識

年齢詐欺は出会い系の常識

年齢サバ読みで成功率アップ

出会い系サイトでプロフィールを登録するとき、以外に悩むのが実際の年齢を登録するかどうかです。ラブサーチのように、まじめに恋人や結婚相手を探す目的の出会い系サイトでは、さすがに本当の年齢を登録するべきでしょう。付き合ってから年齢をごまかしていたことが判明すると、それだけで破局の原因になってしまうことがあります。

しかし、一般的なポイント制サイトのように、気軽なナンパ目的で使うサイトでは、年齢はできるだけ若く登録しておいた方が、成功率が高いです。とくに、若い女の子は年齢が近い男性を探している場合が多く、例えば、自分が17歳の時にアルバイト先の19歳の先輩がものすごく大人に見えたけれど、いざ、自分が同じ年齢になってみると、「こんなものか」と思うことがあります。5歳も年齢が離れてしまうと、もうオジサンとしか見られない可能性が高いです。

そう考えると、出会い系サイトのプロフィールに表示させる設定年齢は、探す相手が若いほど、若くサバを読んだ方が良いということになります。ターゲットが22歳なら23~25歳に変更、25歳の時は26~28歳に変更すると、ナンパ成功率が高くなるでしょう。5歳程度サバを読むのは出会い系の世界では可愛いものです。むしろ、許容範囲といってもいいかもしれません。しかし、自分が40代なのに20代にサバを読むとか、あまりにも極端なのは詐欺といわれても仕方ありませし、おすすめできません。

出会い系サイトではサバ読みは常識です。そのことは、女性にも言えることです。相手の年齢で失敗したくなければ、メール中でそれとなく、確認してみるのも良いでしょう。因みに、女性が割り切り目的で男性を探すときは、若い男性よりも、30代以上から中年にかけての男性が求められるという傾向もあります。