ホーム > 「モテキ」のような出会い系サイト

「モテキ」のような出会い系サイト

出会い系サイトでモテ期を現実のものに

誰もが人生で一度は訪れるというモテ期、あなたはもう体験しましたか?
どんなに冴えない人でも、普段どんなにモテない人でも、必ず人生の一時期にモテ過ぎて困るほどの時があるのです。確かに周りから見ていると、「何でこの人にこんなに素敵な彼女がいるんだろう?」「あいつは何で二股かけて更に色んな子とデートできるんだろう?」みたいな事が沢山ありますね。
未だかつて、そんな羨ましい経験をしたことがない人は、棚からぼた餅的に待っているのではなく、もっと現実的に出会い系サイトを活用してモテ期を実現しましょう(笑)

せっかくのモテ期をドラマや映画の「モテキ」の世界だけで終わらせない。あなたのモテ期の道は決して遠くありません。ラブサーチ(love search)はもちろん、ポイント制の出会い系サイトも紹介します。

「モテキ」のヒロイン達と、彼女たちと出会えそうなサイトを紹介

登場人物どんなタイプの女性かイメージにピッタリな出会い系
小宮山夏樹
(こみやまなつき)
もてない主人公が、奇跡的に出会った、人生で一番好きな女性。美人で一見高根の花だがとても気さくな性格なため、男としては「俺のこと好きなんじゃないか」と勘違いしてしまう。真意のくみ取れないミステリアスな一面が男を虜にさせる。作中では酒に酔うといろいろな事がどうでもよくなり、男を誘ってしまう悪女的な面をあわせ持つ。ハッピーメールなどのポイント制サイトでよく見るタイプです。男性と遊ぶことに抵抗がないので、即会いできることが多い。恋愛対象を一人の男性に絞らないため、このタイプを好きになってしまうと苦労します。あくまで、友達やセフレとして割り切って付き合うことで、長期的に良い関係を保てます。
中柴いつか
(なかしば いつか)
22歳。ボーイッシュで元気な女の子。恋愛経験がない処女で片思い中だが、同じく恋愛遍歴のない主人公に徐々に惹かれ、友達以上恋人未満の関係となる。恋愛に慣れておらず清楚で可愛い。主人公がしっかりとアタックしていれば、お似合いの恋人同士になった可能性が一番高いと思われる。恋愛経験の少ないこの手の女の子は、真面目な出会い系サイトのラブサーチに入会している可能性が一番高い。プロフィールも控えめなので、一見消極的に見えるが、恋愛に慣れていないため積極的なアタックに案外落ちやすい。恋愛上手な男にはあまり興味がない子が多いため、もてない男性にもおおいにチャンスがある、可愛い天使。
土井亜紀
(どい あき)
会社では真面目で静かなタイプだが、素顔は美人で社交的な素敵女子。彼氏がいるが、モテなくも趣味のあった主人公に心魅かれている。自身の魅力を分かっていて、男からのアタックを待ち望んでいるので優柔不断な性格の主人公とは衝突を繰り返した。一般的に、美人はこのタイプ一番多いこの手のタイプの女性もラブサーチに多い。サイトのブログサービスを利用している確率が高いので、積極的にコメントを残して、自分に興味を持ってもらうことが大切。タイミングを見てメールしたり、サイトのチャットに誘って徐々にアタックすること。ちゃんと告白するのは2回目か3回目のデートで直接するのが理想的。
林田尚子
(はやしだ なおこ)
主人公いわく「女ヤンキー」。一方で家族思いな一面を持ち性格は優しい。娘と2人暮らしている。現実世界では、こういう子は美人で寂しがり屋なことが多い。ハッピーメールなどのポイント制出会い系サイトへ出没する。モテキ作中の設定とは違い、このタイプは寂しがり屋の場合がほとんどなので、即会いできる可能性が高い。注意すべきは子持ちの場合はあまり深入りしないこと。出会い系サイトを利用する際には相手の人生、己の人生に配慮する姿勢が、その後に後悔しない事につながる。
神崎桜子
(かんざき さくらこ)
主人公の初恋の人であり、告白したが振られしまった憧れの先輩。
清楚に見えて実はいろんな男と関係を持っている。この手は案外童貞好きの傾向もあり「童貞」といえば興味をもってくれる嬉しい一面がある。
清楚に見えて実はH経験が多いこの手のタイプは、ハッピーメールなど有名ポイント制サイトに多い。しかし、真面目なラブサーチにも多く潜んでいるのが特徴である。猫をかぶっていると言えば言葉が悪いが、女性は見かけによらないということを、常日頃から肝に命じておかなければなりません。

ドラマ・映画「モテキ」では、草食系男子の主人公・藤本幸世が、ある日を境に急にモテまくります。現実の世界では、モテ期到来を待つばかりに恋愛できる期間を逃してはもったいないです。積極的に出会いを探して、自分からモテ期を引き寄せようという位の気持ちが大切ですね。


ラブサーチ