ホーム > ラブサーチ記事 > 弱点 > ラブサーチの欠点と短所

ラブサーチの欠点と短所

ラブサーチにも欠点はある

優良出会い系サイトとして人気のラブサーチ(love search)ですが、欠点やデメリットも多少なりともあります。ラブサーチを分析し、紹介するにあたっては避けられない点ですが、悪徳サイトのような致命的なものではありません。

定額制ラブサーチにサクラがいないことは、周知の通りですが、まれに他の出会い系業者が紛れ込むことがあります。ラブサーチは、女性の入会は登録も月会費も一切無料となっているため、他の出会い系業者が女性になりすまし、ラブサーチに入会している男性会員を言葉たくみに、自社サイトへ誘い出そうとするのです。

他サイトへの勧誘という行為は、女性になりすましメールを続けるサクラとは異なり見分けがつきやすいため、騙される男性は少ないと思いますが、全てが素人の会員ではないということは、若干残念に感じます。

ただ、ラブサーチでは通報システムを採用し、サイト内に不正会員がいないかを常時監視し、発見した場合はすぐに駆除しているため、悪徳業者が入り込む余地はほとんどありません。十分注意していれば、被害にあうことは殆どないはずです。

あとは、しいて言うならば、ラブサーチは定額制サイトのため、ポイント制サイトのように無料ポイント制度がないので、お試し期間がないということでしょうか。ラブサーチを利用したことがない人にとっては、結局は入会してみないと分からないという不安があります。

料金が定額2,800円かかるのは、出会い系サイトを使ったことがない人にとっては欠点のように感じるかもしれません。しかし、他のポイント制サイトで更に高額料金を請求されることを知れば、いかに安い料金設定で、優良なサイトかがわかると思います。

サクラは皆無なため、男女の出会いの場としては、最適の場のはずです。出会えるか、出会えないかは、入会者の腕の見せどころといえるでしょう。援助交際目的の人もいるかもしれませんが、ラブサーチは真面目な出会い系サイトです。その点、恋人探しや、婚活目的以外の人には適さないかもしれません。