ホーム > ラブサーチ記事 > 弱点 > 業者が紛れ込むことがある

業者が紛れ込むことがある

通報機能やパトロールで業者排除に努めている

ラブサーチは男性のみ定額の有料で、女性は全てのサービスが無料になっています。そのため、悪質な業者が女性になりすまして無料登録し、サイト内で男性会員を自社サイトに誘いこもうとする勧誘行為をはたらくことがあります。ラブサーチ自体は、女性になりすましたサクラ行為は一切していませんが、他サイトの悪質業者が入り込んでしまうことがあるのは残念です。

もちろん、ラブサーチが悪質業者の勧誘行為を指をくわえて容認していることはなく、サイト内にサイトパトロール隊をおき、常時巡回して監視しています。更に、ラブサーチ会員自ら悪質業者を発見したときは、ラブサーチに対して容易に通報できるシステムがあるので、悪質業者はすぐに強制退会させられることがほとんどです。

悪質業者がいくら女性になりすましていても、外部のサイトへ勧誘する行為に騙される人は数少ないでしょう。しかし、現に騙されて被害に遭う人がいるからこそ勧誘業者が活動を続けていることも事実です。ラブサーチにサクラは皆無ですが、このような女性になりすました悪質業者には十分注意しましょう。

万が一、悪質業者を発見した時はラブサーチの通報システムを使って下さい。ラブサーチは会員が安心・安全にサイトを利用できるように素早い対応・サポートをしてくれるはずです。

ここでは、業者が紛れ込むことがラブサーチの弱点の1つとして紹介しましたが、考え方を変えれば、業者が入り込みたいほど素人の会員が大勢いる人気サイトであることの証明と捉えることもできます。出会い系サイト運営のプロである悪質業者が、わざわざサクラばかりの悪質サイトを選んで入ろうとする理由がありません。